Yahoo!セキュリティセンター

Yahoo! JAPANYahoo! JAPAN
Yahoo!セキュリティセンター

日本のインターネットを安全に。

インターネットの泥棒が
あなたのクレジットカード情報やパスワードを狙っています。

もしクレジットカード情報を盗まれたら

あなたのクレジットカード情報を勝手に使われ、
ネットで買い物をされてしまうかもしれません。

もしパスワードを盗まれたら

パスワードを使いまわしていた場合、同じパスワードを設定したすべてのサービスが乗っ取られる恐れがあります。

犯罪の片棒をかつがされることも

乗っ取られたあなたのアカウントが詐欺などに悪用され、
気づかないうちに犯罪の片棒をかつがされることもあります。

インターネットネットの泥棒から
身を守るためにできること

偽メッセージ、偽サイトに注意する

本物とそっくりな偽サイトのイラスト

企業などを装ったメッセージを送り付けて偽サイトに誘導し、クレジットカード情報などの入力を求める手口が横行しています。入力した情報は盗まれてしまいます。
偽メッセージかどうか見分ける自信がないときは、メッセージ内のリンクには触らず、検索サイトや「お気に入り」から目的のサイトへ行きましょう。

偽メッセージの事例

パスワード以外の認証方法も使う

指紋や顔認証とあわせて、パスワード無効設定も利用しているイラスト

指紋認証やSMSで確認コードが届く認証など、パスワード以外の認証方法も設定しておくと、インターネットの泥棒に対して強い防御力を発揮します。
ヤフーではセキュリティを高めるために様々な認証方法をご用意しています。

詳しくはこちら

パスワードは使いまわさない

複数のサイトで別々のパスワードを使っているユーザーのイラスト

パスワード以外の認証方法が提供されている場合は、積極的に使っていきましょう。 そのうえで、パスワードを使いまわさないように心がけるとより安心です。 パスワードによる認証しか提供されていないサービスでは、絶対にパスワードの使いまわしをしないようにしましょう。

詳しくはこちら