Yahoo!セキュリティセンター

Yahoo! JAPANYahoo! JAPAN

フィッシング被害に遭わないために

トップ>フィッシング被害に遭わないために

フィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、本物のサイトそっくりに作ったページに誘導して、パスワードやクレジットカード情報などを盗み出す行為のことです。
盗み出した情報は、闇市場で売買されたり、あなたになりすましてサービスを利用したりするために使われます。複数のウェブサイトで同じIDとパスワードの組み合わせを使っている人が多いことから、盗まれたそれらの情報はさまざまなウェブサイトで不正ログインを試みるために使われることもあります。

フィッシング詐欺の手口は次のようなものです。
1. 本物のサイトをかたったり、実在する企業と偽って、偽物のログインページや登録ページのURLが書かれたメールを送信します
2. メールを受信した人がそのURLをクリックすると、本物そっくりに作られたフィッシング用の偽物のページが表示されます
3. フィッシング用ページにID・パスワード、クレジットカード情報などを入力すると、その情報が攻撃者の手に渡ります

重要な情報を入力する前に、このサイトは本物かな?と一歩立ち止まって考えてみることが大切です

フィッシング詐欺対策

フィッシング詐欺に遭わないために、こんなことを習慣づけましょう。

1. あやしいメールやSNSのメッセージ内のリンクをクリックする前に、その差出人が本物か考えましょう
メールの中に宛名がなかったり、「ただちにパスワード変更をしてください」「あなたの情報が盗まれた可能性があります」などあなたを焦らせるメッセージが含まれていたりする場合、それはフィッシングメールかもしれません。
こういったメッセージはメールに限らず、SNSなどで送られてくることもあります。

2. ログインするときや重要な情報を入力するときは、一歩立ち止まってそのページが本物かどうか考えましょう
メールにあるURLなどをクリックした場合などは、特に注意が必要です。
不安なときには、普段から使っているブラウザーの「お気に入り(ブックマーク)」や検索サイトから目的のサイトへアクセスしましょう。

3. 警告画面が出たときにはアクセスするのをやめましょう
ブラウザーやウイルス対策ソフトには、フィッシング対策機能を持つものがあり、登録されているフィッシングサイトにアクセスしようとすると警告画面が表示されることがあります。この警告画面が出たらアクセスするのをやめましょう。

もしフィッシングサイトにアクセスしてしまったら

フィッシングサイトにアクセスしただけでは、パスワードやクレジットカード情報は盗まれません。
フィッシングサイトかも、と思ったときには情報は入力せず、ブラウザーを閉じて終了しましょう。

フィッシングサイトで詐欺被害に遭ったら

もしフィッシングサイトに情報を入力してしまった場合には、次のような対処をします。

パスワードを入力してしまったら
1. すぐに本物のサイトにアクセスして、パスワードを変更します
2. そのパスワードを使っているサイトで、利用状況などを確認します
身に覚えのない請求、振り込み、購入、入札、落札など、あなたのアカウントが他人に使われている疑いがある場合、次のように利用状況を確認して、不正に使われていないかを確認します
銀行のサイトであれば、振り込みなどの履歴
ショッピングサイトであれば、購入履歴など
オークションサイトであれば、出品、落札履歴など

Yahoo! JAPAN IDのパスワード変更方法はこちら

クレジットカード番号を入力してしまったら
クレジットカード会社へ連絡します。

キーワード一覧

Yahoo! JAPANの対策, ウイルス, パスワード, フィッシング, ログイン, 予防と対策