Yahoo!セキュリティセンター

Yahoo! JAPANYahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN、PayPay、SoftBankをかたる不正メール・SMSに関する注意喚起

更新日時:2019年11月21日

Yahoo! JAPAN、PayPay、SoftBankをかたる不正メール・SMSにご注意ください。

Yahoo! JAPANや関連会社の社名・ロゴを悪用し、本物そっくりな偽サイト(フィッシングサイト)や不正サイトに誘導しようとしたり、個人情報を入力させて返信させようとしたりする不正メール・SMSが確認されています。
不審なメール・SMSを受信した場合には、開かずに削除しましょう。
不正なものかどうかの判断が難しい場合には、メッセージ内のリンクはクリックせず、普段使っているブラウザーの「お気に入り(ブックマーク)」や検索サイトから目的のウェブサイトへアクセスしましょう。
公式アプリがある場合は、公式アプリを使いましょう。

本物そっくりの偽メール、偽サイトで被害に遭わないために

◆2019年11月21日ごろから、PayPayをかたる不正メールが確認されています。
リンクをクリックするとフィッシングサイトが表示されます。

メール件名:PayPay 加盟店のお申込み


◆2019年9月30日ごろから、「MSCランドYahoo!店」を名乗る、架空の代引き注文メールが確認されています。
店名を変えながら、10月3日現在も不特定多数にメールが送られています。
返信させることが狙いとみられるため、身に覚えのないメールには返信しないようご注意ください。

メール件名:ご注文を承りました:mscland-<不規則な文字列>


◆2019年8月23日ごろから、PayPayをかたる不正SMSが確認されています。
リンクをクリックするとフィッシングサイトが表示されます。

確認されているSMSの文面:
お支払い方法の有効期限が切れている、または無効になっている。IDの確認は、詐欺を防止し、アカウントを安全に保つために必要です。お支払いの詳細を今すぐ更新:<不正サイトへのリンク>

2019年8月23日ごろから確認されている、PayPayをかたるSMS

リンクをタップすると、PayPayそっくりの偽サイト(フィッシングサイト)が表示されます。
リンクには触らず、削除しましょう。

PayPayを装ったSMSの画像

2019年8月23日ごろから確認されている、PayPayをかたるフィッシングサイトの画面1

入力してしまうと、次の情報が攻撃者の手に渡ります。
・電話番号
・PayPayのパスワード

PayPayのログインページに似せた画面

2019年8月23日ごろから確認されている、PayPayをかたるフィッシングサイトの画面2

入力してしまうと、次の情報が攻撃者の手に渡ります。
・郵便番号
・メールアドレス
・クレジットカード情報

郵便番号、電話番号、クレジットカード情報を盗もうとしている画面

キーワード一覧

Yahoo! JAPANの対策, ウイルス, パスワード, フィッシング, ログイン, 予防と対策