Yahoo!セキュリティセンター

Yahoo! JAPANYahoo! JAPAN

セキュリティ強化のお知らせ 古いブラウザー、パソコン、スマートフォンなどでは、2018年10月中旬までに、Yahoo! JAPANの全ウェブサービスが順次ご利用いただけなくなります

お使いの環境が対象かどうか調べる

「対処は不要です」と書かれた画像。お使いの環境では今後も引き続きYahoo! JAPANの全ウェブサービスをご利用いただけます。

上に「対処は不要です」と表示されている場合:影響はありません。

今後も引き続きYahoo! JAPANの全ウェブサービスをご利用いただけます。

上に「対処が必要です」と表示されている場合:影響があります。「対処方法」をご確認ください。

お使いの環境では、2018年10月中旬までに、Yahoo! JAPANが提供する全ウェブサービスが順次ご利用いただけなくなります。

対処方法

対処方法を見る

上の画像に「対処が必要です」と表示されていた場合は、以下の対処をお願いいたします。

パソコンをお使いの場合

スマートフォン・タブレットをお使いの場合

パソコンをお使いの方

お使いのOSやブラウザーのバージョンは以下の方法でご確認ください。

OSバージョンの確認方法
ブラウザーバージョンの確認方法

OS
Windows XP以前
Windows Vista以前
Windows 8
MacOS X 10.8以前

新しいOSへの入れ替えが必要です。
Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、MacOS X 10.9以降をお使いください。
OS、ブラウザーのバージョンアップ方法

パソコンが新しいOSに対応していない場合には、パソコンの買い替えが必要です。

ブラウザー
Internet Explorer 10以前
Chrome 29以前
Firefox 26以前

ブラウザーのバージョンアップが必要です。
Yahoo! JAPANの推奨ブラウザーは次のとおりです。

  • Internet Explorer 11.x
  • Microsoft Edge
  • Chrome(最新版)
  • Firefox(最新版)
ブラウザーの設定でTLS1.2が無効化されている場合

TLS1.2を有効にするためのブラウザーの設定変更が必要です。

スマートフォン・タブレットをお使いの方

お使いのOSやブラウザーのバージョンは以下の方法でご確認ください。

OSバージョンの確認方法
ブラウザーバージョンの確認方法

OS
Android 4.0.4以前
Android 4.1~4.4.4※
iOS 5.0.1以前

OSのバージョンアップが必要です。

Androidの場合、Android 5以降へのバージョンアップを推奨します。

iOSの場合、iOS 9以降へのバージョンアップを推奨します。

OS、ブラウザーのバージョンアップ方法

スマートフォン・タブレットが新しいOSに対応していない場合には、端末の買い替えが必要です。

※Android 4.1~4.4.4では、ChromeやFirefoxなどのブラウザーの最新版から引き続きYahoo! JAPANのウェブサービスをご利用いただけます。

ブラウザー
Chrome 29以前
Firefox 26以前

Androidの場合、ブラウザーのバージョンアップが必要です。利用できる最新バージョンのブラウザーをお使いください。

iOSの場合、iOS 9以降へのバージョンアップを推奨します。そのうえで、利用できる最新バージョンのブラウザーをお使いください。

OS、ブラウザーのバージョンアップ方法

WebAPIをお使いの方

Yahoo! JAPANが提供するWebAPIをご利用の環境につきましても、「TLS1.2」に対応している必要があります。
「TLS1.2」に対応していない環境からWebAPIを利用されている場合、「TLS1.0」「TLS1.1」のサポート終了後は接続が確立できなくなります。
弊社からのエラーコードも返されません。お使いのシステム側で接続エラーとなります。

セキュリティ強化の概要と背景

Yahoo! JAPANでは弊社ウェブサービスのセキュリティを強化するため、2018年10月中旬までに、インターネット通信暗号化方式「TLS1.0」および「TLS1.1」のサポートを順次終了いたします。

サポート終了後は、「TLS1.2」に対応していない古いブラウザーやパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などでは、Yahoo! JAPANの全ウェブサービスがご利用いただけなくなります。

TLSとは、ウェブサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。「TLS1.2」は「TLS1.0」「TLS1.1」に比べ、より強固な仕組みを使っています。今後も安全にYahoo! JAPANのウェブサービスをご利用いただくために、「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化し、「TLS1.2以上」をサポート対象としました。

なにとぞご理解を賜りますよう、お願いいたします。

よくある質問

Q.私は対象者ですか。
A.

お使いの環境が対象かどうか調べる」をご確認ください。

Q.対象の環境では、どのウェブサービスがいつごろまでに利用できなくなるのですか。
A.

対象の環境では、2018年10月中旬までに、Yahoo! JAPANの全ウェブサービスが順次ご利用いただけなくなります。
Yahoo! JAPANのウェブサービスを5つのグループに分け、下記の期間内で順次セキュリティを強化いたします。

当初「2018年9月末まで」と期限をご案内しておりましたが、災害の影響を考慮し、より多くのお客様へライフライン情報をお届けするために、一部サービスにおいて日程を延期いたしました。 延期した主なサービスはEグループをご確認ください。

Yahoo! JAPANがご提供するアプリについてはお使いの各アプリをご確認ください。
※日程は変更される場合がございます。

Aグループの主なサービス:2018年6月1日~2018年6月30日の間
Bグループの主なサービス:2018年7月1日~2018年8月31日の間
Cグループの主なサービス:2018年9月1日~2018年9月15日の間
Dグループの主なサービス:2018年9月16日~2018年9月30日の間
Eグループの主なサービス:2018年10月4日~2018年10月12日の間

Q.「利用できなくなる」とは具体的にどのような状態になるのですか。
A.

対象の環境からは、本セキュリティ強化後のYahoo! JAPANのウェブサービスにアクセスできず、ブラウザーに標準で備わっているエラーメッセージが表示されます。
例えばパソコンでInternet Explorerをお使いの場合は「Internet Explorerではこのページは表示できません」、Firefoxをお使いの場合は「安全な接続ができませんでした」といったメッセージが表示されます。
Androidの場合は「SSL 接続エラー」などのメッセージが表示されます。(お使いの環境によって異なります)
iOS(iPhone 、iPadなど)でSafariをお使いの場合は「ページを開けません」といったメッセージが表示されます。

Q.Windows 7(またはWindows 8.1)でInternet Explorer 11を使っています。「この環境では利用できなくなる」といったメッセージが表示されます。どうすればいいですか。

A.

(1)(2)をお試しいただけますようお願いいたします。
Windows 7(または8.1)でゲストアカウントをお使いの方は、※の箇所をご参照ください。

(1)TLS1.2を有効にするためのブラウザーの設定変更を参考に、TLS1.2の設定にチェックが入っていることをご確認ください。
(2)(1)で問題が解決しない場合は、一部のセキュリティ製品が作用して、断続的にTLS1.2が使えない状況にある恐れがあります。Chrome(外部サイト)やFirefox(外部サイト)などのブラウザーをインストールいただき、Internet Explorer以外のブラウザーをご利用いただくか、お使いのセキュリティ製品の窓口にお問い合わせいただけますようお願いいたします。

※本来、Windows 7(または8.1)とInternet Explorer 11の組み合わせであれば、引き続きYahoo! JAPANをご利用いただくために必要な暗号方式「TLS1.2」が使えます。しかし、Windows 7(または8.1)にゲストアカウントでログオンしている場合、Internet Explorer 11では「TLS1.2」が使えないことを確認しました。Chrome(外部サイト)やFirefox(外部サイト)など別のブラウザーでは引き続きYahoo! JAPANのサービスをご利用いただけます。マイクロソフト社にお問い合わせいただくか、FirefoxやChromeなど別のブラウザーへの変更をご検討ください。

お問い合わせ先

下記のリンクからお問い合わせください。
お問い合わせフォーム