Yahoo!セキュリティセンター
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

トップ > フィッシングメールQ&A > Q2. Yahoo! JAPANのキャンペーンメールの事例

[ 前のページ | 次のページ ]

Q2. Yahoo! JAPANのキャンペーンメールの事例

Q

キャンペーンメールが届いたのですが、閲覧にログインは必要ですか?

A×

キャンペーンページの閲覧にはログインの必要はありません。

キャンペーンを装ったフィッシング詐欺の手口です。偽サイトに誘導し、IDやパスワード、クレジットカード番号などを盗み取ろうとしています。ログインしないでください。
不審なメールが届いた場合は、以下の点をチェックしてください。

Yahoo! JAPANのキャンペーンメールの事例

ここをチェック!

フィッシング詐欺に遭わないための自衛策

  • Yahoo! JAPANのサービス(Yahoo!オークション、Yahoo!ショッピングなど)のキャンペーン情報を閲覧する場合は、ログインは不要です。
    なお、キャンペーンに応募する場合は、ログインが必要なこともあります。ログインページが表示された場合は、必ずページのURLを確認してからログインしてください(Yahoo! JAPANの正しいURLと異なる場合はログインしないでください)。
    Yahoo! JAPANの正しいURLは、http://www.yahoo.co.jp/です。また各サービスのページでは、http://auctions.yahoo.co.jp/やhttp://shopping.yahoo.co.jp/のように、「www」の部分がサービスを表す文字列になっています。
  • Yahoo! JAPANでは、キャンペーンを行う場合、メールでのお知らせだけではなく、詳しいご案内ページも用意しています。そのため、例えばYahoo!オークションのキャンペーンかどうか判断がつかない不審なメールが届いた場合には、Yahoo!オークションのページ上でも案内されているかどうかをご確認ください。
  • フィッシング詐欺はInternet SagiWall(有料)で未然に防ぐことができます。

Yahoo!メールを使うと、Yahoo! JAPANからのメールかどうか、一目瞭然(いちもくりょうぜん)です。

Yahoo! JAPANのアイコン

Yahoo!メールの受信箱や個人フォルダでは、Yahoo! JAPANから送信されたメールに、Yahoo! JAPANのアイコンが表示されます。悪質なメールのなかには送信元のアドレスを詐称し、あたかもYahoo! JAPANからメールが届いたように見せかけるものもあります。送信元アドレスがYahoo! JAPANのアドレスでも、Yahoo! JAPANのアイコンの有無でその真偽を判別できるYahoo!メールを、ぜひご利用ください。

ご参考:メールの一覧画面で表示されるYahoo! JAPANのアイコンについて

偽サイトに個人情報を入力してしまった場合の対処方法

  • 偽サイトでYahoo! JAPAN IDとパスワードを入力してしまった場合は、登録情報ページでパスワードを変更できます。変更方法は「パスワードを変更したい」をご覧ください。
  • 万が一、クレジットカード情報を入力してしまった場合は、カード発行会社の相談窓口に連絡し、対応をご相談ください。

もしフィッシング詐欺と思われるメールが届いたら?

もしも、フィッシング詐欺と思われるメールが届いた場合は、メール本文に記載されているURLへのアクセスや、メールへの返信は行わないでください。
また、フィッシング詐欺と思われるメールが届いた場合は、下記のボタンからご報告いただければ幸いです。

Yahoo! JAPANに報告する

[ 前のページ | 次のページ ]