Yahoo!セキュリティセンター
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

トップ > フィッシングメールQ&A > Q1. Yahoo!オークションの事例

[ 前のページ | 次のページ ]

Q1. Yahoo!オークションの事例

Q

Yahoo!オークションからユーザーアカウント更新依頼のメールが届きました。手続きをしないとオークションができなくなるのでしょうか。

A×

ユーザーアカウントに更新期限はありません。

Yahoo!オークションを装ったフィッシング詐欺の手口です。偽サイトに誘導し、IDやパスワード、クレジットカード番号などを盗み取ろうとしています。手続きをしないでください。
フィッシング詐欺とは……実在の企業からの正規のメールやウェブページを装い、IDやパスワード、クレジットカード番号などの個人情報をだまし取る詐欺のことです。
Yahoo! JAPANならびにYahoo!オークションでは、このようなメールでお客様の個人情報を問い合わせることはありません。お客様の個人情報をだまし取ろうとするメールやサイトには、十分ご注意ください。
不審なメールが届いた場合は、以下の点をチェックしてください。

Yahoo!オークションの事例

ここをチェック!

フィッシング詐欺に遭わないための自衛策

  • Yahoo!オークションのご利用にあたって、ユーザーアカウントの更新手続きは必要ありません。
  • URLを確認しましょう。
    Yahoo! JAPANの正しいURLは、http://www.yahoo.co.jp/です。また各サービスのページでは、http://auctions.yahoo.co.jp/やhttp://shopping.yahoo.co.jp/のように、「www」の部分がサービスを表す文字列になっています。
    この事例のメールのように、メール本文にURLが記載されている場合は、クリックする前にURLの確認を行ってください。
    ただし、正しいURLが表示されていても、リンク先のページがフィッシング詐欺サイトの場合もあります。アクセスしたページでも、個人情報を入力する前には、正しいYahoo! JAPANのURLかどうかを確認してください。
  • Yahoo!オークションでの詐欺についてはこちらでも詳しく説明しておりますので、ご一読ください。
  • フィッシング詐欺はInternet SagiWall(有料)で未然に防ぐことができます。
Yahoo!ツールバーの「フィッシング警告ボタン」

Yahoo!ツールバーには、フィッシング警告機能を搭載しています。

Yahoo!ツールバーの「フィッシング警告ボタン」を使用すると、Yahoo! JAPANを装い個人情報を不正に取得しようとするサイトを表示したとき、警告画面を表示して注意を促します。
Yahoo! JAPAN IDやパスワードなどをだまし取られるのを未然に防ぐことができます。

ご参考:フィッシング警告機能を搭載のYahoo!ツールバー

偽サイトに個人情報を入力してしまった場合の対処方法

  • 偽サイトでYahoo! JAPAN IDとパスワードを入力してしまった場合は、登録情報ページでパスワードを変更できます。変更方法は「パスワードを変更したい」をご覧ください。
  • 万が一、クレジットカード情報を入力してしまった場合は、カード発行会社の相談窓口に連絡し、対応をご相談ください。

もしフィッシング詐欺と思われるメールが届いたら?

もしも、フィッシング詐欺と思われるメールが届いた場合は、メール本文に記載されているURLへのアクセスや、メールへの返信は行わないでください。
また、フィッシング詐欺と思われるメールが届いた場合は、下記のボタンからご報告いただければ幸いです。

Yahoo! JAPANに報告する

[ 前のページ | 次のページ ]