Yahoo!セキュリティセンター
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

Yahoo!セキュリティセンター

トップ > セキュリティガイド > 5-4.ワンクリック詐欺について

5.いろいろな攻撃とその対策

4.ワンクリック詐欺について

1.ワンクリック詐欺とは?
メールで送られてきたURLをクリックさせたり、掲示板やアダルトサイトなどのURLをクリックさせて、料金の請求画面を表示して、お金を振り込ませる詐欺行為のことです。
請求画面には、個体識別番号(携帯からアクセスした場合)やプロバイダのIPアドレスやホスト名(パソコンからアクセスした場合)を表示して、あなたを特定できたようなことが書いてあり、この請求からは、逃げられないようなことを感じさせてお金を振り込ませようとします。
また、「アダルトサイトを見た」場合など、あなたが他人に知られたくない、後ろめたいことに付け込んで、請求することもあります。
ワンクリック詐欺とは?
2.ワンクリック詐欺対策
1. 見知らぬところから来たメールのURLはクリックしない習慣をつけます
2. 怪しそうな、危なそうなページにはアクセスしないようにします
3. ブラウザの機能の利用
Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザには、ワンクリック詐欺サイトを検出する機能があります。警告が表示された場合アクセスせずにキャンセルします。
4. セキュリティ対策ソフトウエアの利用
セキュリティ対策ソフトウエアのなかには、ウイルスだけでなく、ワンクリック詐欺対策などいろいろな攻撃に対して有効なものがあるので、これを利用します。
3.クリックしてしまったら
請求画面などが表示されても無視します
個体識別番号やプロバイダのIPアドレスやホスト名を表示して、あたかもあなたがわかるように書いてありますが、そこからは個人を特定することはできません。
どうしても心配であれば、支払う前に、国民生活センターや警察などに相談してください。
詳しくは 6.3「被害にあったときの相談窓口」を参照してください。
請求先に電話やメールでの問い合わせもしてはいけません
  • 電話をすると、名前や住所などを聞かれ、相手にあなたの個人情報を渡してしまうことになります。
    着信電話番号表示などであなたの電話番号が相手にわかってしまうこともあります。
  • メールをすると、あなたのメールの連絡先がわかり、そこに請求メールが来るかもしれません。また、メールの署名などであなたの連絡先がわかってしまうかもしれません。
4.ワンクリック詐欺にあってお金を振り込んでしまったら
対処方法は、 6.2.5「ワンクリック詐欺にあってお金を振り込んでしまったら」を参照してください。
<< 前へ 次へ>>

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.