Yahoo!セキュリティセンター
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

Yahoo!セキュリティセンター

トップ > セキュリティガイド > 5-2.迷惑(スパム)メールについて

5.いろいろな攻撃とその対策

2.迷惑(スパム)メールについて

1.迷惑メールとは?
迷惑メール(スパムメール)とは、その内容にかかわりなく多数の受信者に一方的に送りつけられるメールのことで、あなたを購入サイトやウイルスが仕組まれたサイト、詐欺サイトなどに誘導することが目的です。送られてくるメールにある未知のウイルスやフィッシングサイトなどに対しては、セキュリティ対策ソフトウエアやブラウザのフィッシング対策機能などが有効にならない場合があるので、見知らぬアドレスから来たメールを削除する習慣を身につけましょう。
2.迷惑メールの種類

ウイルスに感染した場合の症状としては、次のようなものがあります。また、1つのウイルスで、複数の機能を持つものやパソコンを乗っ取ってしまうものもあります。

詐欺目的のもの
  • 詐欺メール

    存在しない請求をしてお金を払わせたり、ワンクリック詐欺を行うことが目的
  • フィッシングメール

    ID/パスワードや、クレジットカードなどの個人情報を盗み出そうとすることが目的
ウイルスメール
あなたのパソコンをウイルスに感染させて、パソコンの情報を壊したり、盗んだりすることが目的
メールに添付されているタイプとウイルスが仕組まれたページのURLをクリックさせるタイプがあります
宣伝目的のもの
ダイレクトメールなど、商品やサービスの広告や宣伝をすることが目的
愉快犯的なもの
チェーンメールなどうその情報を流したり、「何人に転送しないと不幸になります」など連鎖的にメールを配布させることが目的
3.迷惑メール対策
1. 迷惑メールフィルタを利用します
迷惑メールをフィルタリングするサービスを利用すると、迷惑メールと判定されたメールは受信箱とは別の専用のフォルダに保存されるため、開封したりする危険が減り、まとめて削除することも簡単です。この対策は非常に効果的です。次のように自分の利用環境にあった方法で対策をしてください。
(迷惑メールをすべてフィルタリングできるとは限りません。)
対策例
  • 契約しているプロバイダの迷惑メールフィルタリングサービスを利用する
  • フリーメールサービスの迷惑メールフィルタリング機能を利用する
POPなどで受信して、パソコンでメールを管理する場合次のような対策もあります
  • 迷惑メールフィルタリング機能のあるメーラー(Outlook、Thunderbirdなど)を利用する
  • セキュリティ対策ソフトウエアの迷惑メールフィルタリング機能を利用する
Yahoo!メールでは、次のツールで迷惑メール対策を行っています
Yahoo!メール - 迷惑メール対策
2. 詐欺にあったり、ウイルスに感染しないために
迷惑メールフィルタを利用しても、迷惑メールが来てしまうことがあります。次のような習慣をつけて被害にあわないようにします
1.見知らぬところからのメールは無視して削除します。またこの習慣を身につけましょう
2.知らないところから来たメールの添付ファイルは開かない、メールに書いてあるURLはクリックしない習慣を身につけましょう
3.パソコンのソフトウエアを最新にしましょう
4.セキュリティ対策ソフトウエアを利用しましょう
3. チェーンメールがきたら
メール本文中に、「誰かに回してください」 「10人に転送してください」などと書かれているメールは、どんな内容であってもチェーンメールです。
チェーンメールの転送はやめましょう。
<< 前へ 次へ >>

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.